更新日:2018年7月20日

ここから本文です。

避難基準

市では、大規模な災害が発生することが予想される場合や実際に災害が発生した場合に、概ね次の基準に基づいて、避難準備情報、避難勧告、避難指示を行います。

避難準備・高齢者等避難開始

避難準備・高齢者等避難開始基準
災害 基準
水害
  • 水位周知河川
    観測水位が避難判断水位(神之川(荒瀬橋)2.91m)を超過したとき
  • 小河川
    河川の増水状況や当該地域の降雨状況、今後の降雨予測等を踏まえ、浸水の危険性が高いとき
土砂災害
高潮
  • 台風情報や強風注意報、暴風警報等の情報をもとに、高潮災害発生の危険性が高いと予想されるとき
暴風
  • 台風の上陸等により、暴風域に入ることが予想されるとき
  • 暴風の襲来により、災害の発生が予想されるとき
津波
  • 気象庁の「遠地地震に関する情報」により同地域への津波の影響が発表されたとき
    「遠地地震に関する情報」は国外で発生した地震について以下のいずれかを満たした場合発表される
    • マグニチュード7.0以上
    • 都市部など著しい被害が発生する可能性がある地域で規模の大きな地震を観測した場合
  • 「遠地地震に関する情報」は日本や国外への津波の影響に関しても記述して発表されるため、同情報をもとに必要に応じて避難準備情報を発令

避難勧告

災害 基準
水害
  • 水位周知河川
    観測水位が避難判断水位(神之川(荒瀬橋)2.91m)を超過し、さらに増水が予想されるとき
    観測水位が氾濫危険水位(神之川(荒瀬橋)3.34m)を超過したとき
土砂災害
  • 気象庁より土砂災害警戒情報が発令されたとき
    県メッシュ情報においてレベル2(青色)及びレベル3(黄色)表示の地域を対象とする
  • 土砂災害の前兆現象(湧水、地下水の濁り、渓流の水量変化)が確認されたとき
高潮
  • 高潮警報、あるいは高潮特別警報が発表され、増水越波による道路冠水や床下浸水が発生したとき
暴風
  • 暴風警報が発表され、避難が困難となる状況が予想されるとき
  • 引き続き風速が強まり、災害の発生による生命、身体への危険が切迫しているとき
津波
  • 避難勧告の対象としない
避難勧告基準

避難指示(緊急)

災害 基準
水害
  • 水位周知河川
    災害現象が避難勧告発令時よりも悪化し、被害の発生が切迫または確実視されるとき
    越水や堤防決壊等の事案が実際に発生したとき
土砂災害
高潮
  • 災害事象が避難勧告発令時よりも悪化し、被害の発生が切迫または確実視されるとき
  • 海岸堤防等の倒壊、水門・陸閘等の損傷など、構造物被害が発見されたとき
  • 異常な越波・越流が発生したとき
暴風
  • 暴風特別警報が発表されたとき
  • 災害事象が避難勧告発令時よりも悪化し、被害の発生が切迫または確実視されるとき
津波
  • 「津波注意報」、「津波警報」、「大津波警報」が発令されたとき
  • 強い揺れを感じたとき、あるいは揺れは弱くても1分程度以上の長い揺れを感じたとき
  • 区分により避難対象地域が異なる
    • 津波注意報の場合
      漁業従事者、沿岸の港湾施設等で仕事に従事する者、海水浴客等を念頭に、海岸堤防等より海側の地域を対象とする
    • 津波警報の場合
      高さ3mの津波によって浸水が予想される地域を対象とする
    • 大津波警報の場合、強い(長い)揺れを感じたとき
      最大クラスの津波により浸水が想定される地域を対象とする
避難指示基準

避難場所

市内各地域の避難場所等

お問い合わせ

総務企画部総務課防災係

899-2592 日置市伊集院町郡一丁目100番地

電話番号:099-248-9401

FAX番号:099-273-3063

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?