ホーム > 市民のくらし > 子育て・教育 > 子育て > 幼児教育・保育の無償化

更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

幼児教育・保育の無償化

令和元年10月から幼児教育・保育の無償化が始まります。

幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する3歳から5歳児クラスの子ども、住民税非課税世帯の0歳から2歳児クラスまでの子どもの利用料が無償になります。

無償化に関する案内チラシ(PDF:1,299KB)

なお、利用する施設ごとに無償化の対象が次のとおり異なります。

幼稚園・保育所・認定こども園

3歳児クラスから5歳児クラスのすべての子ども、住民税非課税世帯の0歳児クラスから2歳児クラスの子どもの利用料が無償化されます。幼稚園・認定こども園(幼稚園部)を利用の場合は、入園できる時期に合わせた満3歳から無償化の対象となります。

注)通園送迎費、副食費、教材費などは保護者の自己負担になります。ただし年収360万円未満相当世帯の子どもと全ての世帯の第3子以降の子どもについては、副食費が免除されます。

預かり保育

幼稚園・認定こども園(幼稚園部)での預かり保育利用しており、保育の必要性のある3歳児クラスから5歳児クラスの子どもの利用料が、月額11,300円まで無償化されます。

注)1日あたり450円、月額11,300円の範囲内で利用料が無償化されます。なお、住民税非課税世帯の0歳児クラスから2歳児クラスの場合は、1日あたり450円、月額16,300円の範囲内で無償化されます。

注)保育の必要性の認定を受ける必要があります。

一時預かり・認可外保育施設等

3歳児クラスから5歳児クラスの子どもの利用料が月額37,000円、住民税非課税世帯の0歳児クラスから2歳児クラスの子どもの利用料が月額42,000円の範囲内で無償化されます。

注)認可の幼稚園・保育園・認定こども園等を利用できていない方が対象となります。

注)保育の必要性の認定を受ける必要があります。

対象となる施設

認可外保育施設、一時預かり事業、病児保育事業

幼児教育・保育の無償化対象施設一覧

幼児教育・保育の無償化対象施設一覧を公開します。

こちらの一覧に掲載はありませんが、認可保育所、認定こども園、施設型給付幼稚園は幼児教育・保育の無償化の対象施設になります。

これらの施設以外で、次の一覧掲載されていない施設は、幼児教育・保育の無償化の対象外となりますのでご注意ください。

注)一覧に修正・追加がある場合は、随時更新を行います。

幼稚園等預かり保育

預かり保育対象施設一覧(令和2年4月1日公示時点)(PDF:257KB)

認可外保育施設

認可外保育施設対象一覧(令和2年9月20日公示時点)(PDF:290KB)

一時預かり

一時預かり保育対象施設一覧(令和2年4月1日公示時点)(PDF:339KB)

病児保育

病児保育対象施設一覧(令和元年9月30日公示時点)(PDF:261KB)


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民福祉部福祉課(市福祉事務所)子ども福祉係

899-2592 日置市伊集院町郡一丁目100番地

電話番号:099-248-9416

FAX番号:099-273-3063

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?