更新日:2020年5月5日

ここから本文です。

産後ケア事業

市では、出産後に里帰り予定のない母子、産後の身体回復や育児不安を持つ方等に対して、助産所に入所または通所し適切な支援を受けて頂けるように、産後ケアにかかる利用者負担額の補助を行っています。

対象者

  1. 日置市内に住所を有する母子
  2. 産後における身体回復のケア、育児や授乳についての保健指導を希望する者
  3. 里帰りをしない、家族等から産後の支援が得られない者
  4. その他、産後の経過に応じた休養、栄養管理等の日常生活面について保健指導を希望する者

利用期間(宿泊型・日帰り型・訪問型を合わせた期間)

出産した日から4カ月(多胎児または養育医療給付対象児の場合は、出産した日から6カ月)を経過する日の前日までのうち、原則7日以内。

ただし、母子の状況等により引き続き利用が必要と認められる場合にのみ、更に7日間まで利用期限を延長することができます。

サービスの種類

宿泊型

助産所等に宿泊し、産後ケアサービスを利用します。1泊2日の場合は、2日間の利用となります。

日帰り型

助産所等に通所し、産後ケアサービスを利用します。8時から20時までの間のうち、8時間以内の利用となります。

訪問型

ご自宅等に助産師が訪問し、産後ケアサービスを利用します。9~17時までの間のうち、移動時間も含め3時間以内の利用(実質2時間程度)となります。

利用金額(自己負担額)

1日あたりの負担額(宿泊型)
世帯の種類
母子利用 母親のみ利用
一般世帯

7,500円

6,750円

市民税非課税世帯

3,900円

3,380円

生活保護世帯

2,700円

2,250円

1日あたりの負担額(日帰り型)
世帯の種類
母子利用 母親のみ利用
一般世帯

4,070円

3,050円

市民税非課税世帯

2,030円

1,520円

生活保護世帯

1,320円

1,010円

上記に記載されている金額は、出生した乳児一人とその母親の利用金額であり、兄弟児は含まれません。
兄弟児の利用金額は、助産所によって異なりますので、直接助産所へお問い合わせください。
なお、乳児が多胎児(双子など)の場合は、別途加算があります。また、母親のみの利用もできます。

1日あたりの負担額(訪問型)
世帯の種類
母子利用
一般世帯

1,500円

市民税非課税世帯 750円
生活保護世帯

500円

 

必要書類

  1. 産後ケア事業利用申請書(様式第1号)(ワード:20KB)
  2. 母子健康手帳
  3. 産後ケア事業利用期間変更申請書(様式第3号)(ワード:18KB)(利用期間の変更を希望する方のみ)

(注)申請は出産日や希望する利用期間が明確になった後、助産所へ入所する前に行うことをお勧めします。

利用可能な助産所等

利用可能な助産所等
助産所の名称 連絡先 所在地
いちご助産院 099-208-0017 日置市伊集院町猪鹿倉484-9
鹿児島中央助産院 099-210-7560 鹿児島市伊敷6丁目17-18
マミィ助産院 099-263-5503 鹿児島市中山町2598
くすもと産婦人科 099-273-6666 日置市伊集院町郡1993-1

産後ケア事業概要資料(PDF:249KB)

申請先

日置市役所健康保険課健やか母子係
電話番号:099-248-9421

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民福祉部健康保険課健やか母子係

899-2592 日置市伊集院町郡一丁目100番地

電話番号:099-248-9421

FAX番号:099-273-3063

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?